星空の黒牛・すき焼き用【200g】 [FB-2]

星空の黒牛・すき焼き用【200g】 [FB-2]

販売価格: 1,800円(税別)

(税込価格: 1,944円)

オープン価格

重み: 200g

在庫あり
数量:

北の大地、北海道標茶町には自然育成した牧草、世界有数の透明度を誇る摩周湖の清冽な地下水、澄み切った空気があります。豊かな自然の恵みをたっぷりと吸収して育ったのが星空の黒牛です。サシ(霜降り)から赤身へと時代のニーズが移る中、黒毛和牛とホルスタイン牛の一代交配で生まれたこの牛は両方の特徴のいいとこどり。肉本来のしっかりとした赤身の味と脂のコクが味わえます。 サーロインから上、肩にかけてのロースがリブロースです。一般に肩や腕の肉はその他の部位より味が濃いとされていて日光畜産のすき焼きは星空の黒牛もこの部分を使っています。お肉の面積も味も迫力十分!一枚ずつ丁寧にビニール包装されているので冷凍でもはがしやすく、必要な分だけ解凍できますので使い勝手がいいです。

すき焼きと卵の微妙な関係

今ではチェーン店の牛丼屋さんでもアツアツのすき焼き御膳が、驚くほどリーズナブルに食べられますよね。でも社長であるあたくしの子供の頃はそうそう食べられないご馳走でした。ところが以前「ヨード卵光」のラジオCMを聞いて、時代も変わったな〜としばし茫然といたしました。

いっただっきま〜す!と女の子の声。すると父親の声で「すき焼きには普通の卵を使いなさい」そこで娘の心の声「この貧乏からいつか抜け出してやる・・・」

あたくしの感覚ではすき焼きを食べてる時点ですでに貧乏ではありません。物価の優等生と言われる卵を軸にしてすき焼きの立ち位置の変わりようを感じたんであります 

とはいえ美味しいお肉で作るすき焼きは別物!日光畜産のお肉でお楽しみください。

 

他の写真