スタッフブログ

539

昨夜は久し振りの仲間と飲み会でした、神田みますやさんにて。

文化文政の昔から続くという(ウソ)このお店は東京最古の居酒屋だそうで、いつでも満員の繁盛店であります。

 

 

 

アジフライ、赤身馬刺しなど早めに頼まないと売り切れてしまう名物メニューを先に注文しておくのがコツです。

 

 

 

今回のヒットはどじょうの丸煮、癖がなくて美味しかったです。

 

 

 

お隣のお嬢さんたちにプロカメラマンの仕事をお見せしたおーさん、さすがの腕でした。

 

 

 

美味しいお料理とお酒、大人の会話でおおいに盛り上がった楽しい夜でありました。

 

 

 

 

この日記でも以前お話しましたようにリイドコミック社さんからいただいたタイアップ企画がありまして、昨日その広告バナーが出来たとの連絡をいただきました。

あたくしが作った鬼平犯科帳五鉄のしゃも鍋セットが編集者さんの目に留まり、さいとうたかお先生のコミック版連載25周年を記念して発売された全巻セットを買った方に特別価格で販売するという。

 

 

使っていただいといて言うのもなんですが、全巻買ったらプレゼントでもいいんじゃね?

ま、その中から抽選で一組の方を料亭にお招きして本物のしゃも鍋で一杯飲ますということではあるらしいです。

 

いずれにせよあたくしにとっても愛読書である鬼平とこんな形で関われるとは、ご縁というのはありがたいものでございます。

 

あ!さいとう先生に肉お送りする約束忘れてた!

 

 

 

昨日はいろいろあって昼飯はピザまん一個だけのコンビニ立ち食いだったので腹ペコで、以前行ったことのあるお店で晩飯食おうかとあたくしには似合わない赤坂見附にまいりました。

 

そのお店はトレジオンさんといいまして、東北の復興支援のため各県の特産品をメニューにそろえた酒場を創業したという。

マスターはボランティア出身の商売も料理は素人の方で、出来たばかりの2015年にあたくしさとうみ羊を持って飲みに行ったんであります。

もちろん意気に感じてのことで、同時に羊の宣伝もしようってんでね。

折しもバイト君がその前の週にさとうみ牧場にボラで行っていたという偶然もあり、すっかり意気投合したんでありました。

 

その後伝え聞くところによれば三号店まで拡大したとのことで、嬉しい気持ちの一方不思議だなあ?という思いもありまして。

そりゃなぜかといいますと当時出されたお料理が正直言って特別美味しいというわけでもなかったからで、復興支援の波が引いた後激戦区の赤坂ではたして生き残っていけるんだろうかと。

 

しかし昨夜食べて納得いたしました。

どのおつまみもとっても美味しかったんであります。しかも盛り付けもオサレ!

写真見比べてみて下さいね。

 

 

2015年です

 

 

昨夜です

 

ど~すか?全然違いますね (^_^.)

お値段も赤坂見附駅徒歩三分という一等地の割にリーズナブルですし、こりゃ売れますわ。

 

 

偉そうに言いますが数えきれないくらいあった復興支援の動きの中で現在に至るまで続いている事業というのは、人々の応援が一段落した後いかにして当初の志と仕事とを折り合いつけてこられたかによるんでしょうね。普通に美味しいとか買いたいとか思われる。

そうです

 

あの さとうみファームのように (^O^)

 

 

 

 

 

 

相変わらずピアノ教室に通っております。)

 

先週土曜日もレッスンがありまして、今回の課題曲はバイエル88。

笠ちゃん先生曰く専門学校の生徒さんはここで留年する人が多いという難関なんであります。

実際弾いてみますと左右の指のタイミングがこれまでと違い微妙にずれておりまして、右脳と左脳のせめぎ合いと申しましょうか。

 

しかしこんなところで躓いている場合ではありません!練習の結果この程度に。

 

https://www.youtube.com/watch?v=cpksu6nY-pU

 

このね、下から上にピンピロピロピロってとこがスムーズに弾けるとカッコいいんですけどまだまだですわ。

とはいえこのくらいで合格くれちゃうところが大人のピアノ教室の、というか笠ちゃん先生の良いところ。ま、ピアニストになろうってわけじゃありませんからね 

留年せずに無事通過!

 

いったん帰ってお仕事した後また江古田に戻りまして飲み。先生推薦の鳥忠さん、美味しかったわ 

 

 

 

 

 

 

 

鍵盤の道はまだまだ続きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目っきりお寒くなりました。みなさんいかがお過ごしでしょう?

 

さて、一時より頻度は落ちましたがヌードルメーカー生活続いております。

今回のお題は九州ラーメン。地元にあった美味しいお店が閉店してからしばらく食べてなかったので。

 

ネットによればあの白いスープは家庭では作れないとなってましたが、商売柄材料は山ほどあるので土曜日仕事しながら試してみたわけで。

豚のげんこつを骨髄が出るように電ノコで切り、大山どりイカダを作った時残った手羽先の先と一緒にパック用の寸胴と火鉢型ストーブでグラグラ煮立てること5時間。

こんなに白くなりました~!

 

 

 

ざるで濾してお持ち帰り。野菜のスープは別に作りました。

 

 

 

少し水を少なめに1.6ミリの細麺。

 

 

 

二つのスープを合わせチャーシューの煮汁で味付け。チャーシューはトーチで炙ります。

 

 

 

完成です!

 

お店とは比較にならないもののこりゃ立派な博多風ですわ。麺がもう少し細くてポキポキしてたらもっと良いです。

極細アタッチメント買わなきゃ。

 

さて、変化球ばかり続けてきましたがここらで基本の中華そば?単純なものほど難しいといいますから、さてどうなりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も後半に入り訃報が相次いでおりますが、元横綱輪島さんが亡くなりましたね。あたくしが子供の頃に活躍した力士です。

 

丸っこい人の多い相撲界では長身マッチョな体型が子供の目からもカッコよく、同時代のライバル北の湖が憎ったらしいほどの完全無欠型な横綱相撲だったのに比べ、黄金の左からの豪快な投げで強い時は圧倒的なのに思わぬところでコロッと負けたりするのもまた魅力でありました。

 

親方になって後借金問題に始まる数々のスキャンダルが発覚し、横綱たる者は人間としても完璧であれという当時の常識をひっくり返して結局角界を追われてしまいました。

今じゃ相撲協会自体が闇で世間を騒がせておりますがまだまだ建前だけが通った時代でしたからな、びっくりしましたね~!

おまけにその後既にショー的要素の興行として認知されていたプロレスで再デビューってんですから、かつて国技で輝く頂点を極めた人の都落ちな感じがなんとも哀愁を誘いまして、案の定ショーマンとしての才能は無く失笑の内に尻すぼみに忘れ去られたと寂しい人だったと思っておりました。(晩年のバラエティー番組出演知らなかったんで)

 

しかし今となって分かります、あたくしもアホな年季を経た男として。

立派な業績残した人が実像もまた立派だったというのと同じくらい、人間としてはダメだったというのもまた人生であると。

「裸一貫から始まったんだから、また裸に戻るだけ」どうすか、何ともすがすがしいではありませんか!

 

たぐいまれな資質で輝いた栄光とと破天荒な暮らしの果ての凋落と、昭和を駆け抜けた一人の天才に合掌です。

 

 

 

 

以前から書いてますがこのショップにのせるためお肉の試食動画を取っております。昨日はその撮影の日でした。

 

三時半に管理会社担当のセシボン君がやってまいりまして、食堂での商品紹介に続きガーデンに移動し炭が全開になるのを待つ間も惜しんでどんどん焼いては食べ焼いては食べ。

なぜといって日没の早まるこの時期、早くしないと暗くなって肉の色が見えなくなってしまうからなんであります。

 

あたくしの場合台本も打ち合わせもなくぶっつけ本番一発撮りなので時間はかからないとはいえ、秋の日はつるべ落としというわけで急ぐ急ぐ 

和牛ヒレのサイコロステーキ、トランプステーキ、大山鳥の手羽先、チューリップ、イカダ、ラムフレンチ、国産鶏ハツ、白レバー、ブルゴーニュ産鴨、和牛千本カルビ等々・・・。

これだけのものをひたすら食べるというのはもう立派な苦行?

明るいうえに現場ではまだスタッフが作業中なのでさすがにビールで流し込むというわけにはいかず、宣伝だから美味しそうにいただかなくてはならないし、あたくし食レポーターの苦労を身をもって知ったんであります。

 

 

 

撮影も終わり現場も上がって後はやれやれのお疲れ様会、セシボン君の社長とそのお友達も加わり五人で賑やかに飲みました。

 

 

 

今どきのネット情報など豊富にお持ちのみなさんなので耳新しい話も多く、刺激のある楽しい宴でありました。

 

 

 

 

試食動画は順次アップされますので見てくださいね~ 

 

 

10月10日といえば、年代的にあたくしどもにとってはやはり今日が体育の日。

いろいろあってのことでしょうがずらされちゃうと、成人の日とか今日とかどうにもすわりが悪いんであります。

そういや昔の連載版サザエさんで年始に行った先のおじいさんが「うちは旧正月でやりますんじゃ!」と扉を閉めてしまう話がありました。

いつの話でしょうか? 

 

というかあたくしにとりまして今日の忘れがたさは四年前に逝ってしまった愛犬あんこの命日という点に尽きます。

14年を共に暮らしカヤック犬として数々の川を一緒に下った名犬でございました。

 

では毎年やってますが今年もお付き合いください!当時泣き泣き作った動画です 

 

https://www.youtube.com/watch?v=ElTkkkzomow&t=64s

 

 

 

 

 

天気予報に反しておおむね晴れた三連休でしたね。どっか行けばよかったかも?

 

と、言いつつ結局仕事してたんですが、日曜は青空に誘われてクラパイガーデン開催しました。

 

 

 

今年はサンマに情熱燃やしておりまして、新たに仕入れた方法で焼いてみました。

塩振って10分置き、水けを切ってからさらに30分ほど立てておくと身が締まって皮離れせず美味しく焼けるという。

 

 

火が落ち着くまでお肉の試食。

さとうみファームの新製品パスチャーフェッドラムとタテタンです。

 

 

 

マメ科の牧草を食べて育ったラムは味が濃厚で薫り高く美味!タンしゃぶ切った時残ってしまう端っこの良いところだけを切り出したタテタンも立て切りだけど柔らかく上出来でした。

 

さていよいよサンマ!

 

 

情報の通りぷっくりとふくらんでいい感じです。

 

軽く干した感じ?美味~い 

 

今回もローチェアで夕方から夜までのんびり過ごしました。

 

 

 

毎度申しますようにどこへ出かけなくともリゾート気分が味わえるガーデン、素晴らしい環境に感謝ですわ。ありがたいありがたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪富田林の逃走犯がようやく捕まったそうですね。

あたくし富田林におばさんがおりまして、子供時分夏休みなど長期滞在しては年の近い従兄弟たちと遊び暮らすのを毎年の楽しみとしておりましたので、今回の逃走犯騒ぎは陰ながら心配しておりました。

いつまでも見つからないのは都会の雑踏に紛れ込んでこそこそ日雇いの仕事で露命をつないででもいたのかと思いますわなそりゃ。

 ところが捕まってみたらなんと!サイクリストに化けて日本一周中などと標榜しつつ、あちこちで人様の情けを受けながら自転車旅行していたという。

 

逃亡者と言えば日の当たらない場所を人目避けながら隠れ歩くイメージですが、それとは真逆にお天道様の下を堂々と歩くのみならず写真撮ってSNSに上げてたというのですからもう開いた口が塞がらないってやつ? 

なんで健康的に日焼けしてんだよ。

 

木を隠すなら森にとか申しますが言ってみりゃあれね、探しても見つからないメガネを実はおでこに掛けてたみたいな話よね。

 

それにしても自転車からウェアから旅の道具まですべて盗品で賄えたという点、妙な意味でこの国の豊かさを感じさせるお話ではありました。

 

 

 

それとは無関係に昨夜のあたくしは、日の光の絶えた後ひそやかにクラパイガーデンローチェアバージョンを楽しみました。

新サンマもあと少し。美味しかったわ~ 

 

 

 

 

 

昨夜は月二回通っているカイロプラティックの日でした。一部熱烈なる信者?を集める神の手と呼ばれる先生でして。

 

30分ほどの施術を受けながらいつもいろいろなお話をしまして、あたくしの本好きを知っておられ聞き上手にのせられて読後感に熱弁ふるってしまうこともしばしば。

今回は待合室で読了したばかりの「散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道」のお話を。

 

この本のことはいつか書きたいと思っておりますが、実にどうも壮絶にして涙無くしては語れないという。

昨夜も語っているうちに思わず泣いてしまいまして、ティッシュを取ってくれた先生の手を涙で濡らしてしまいました。

 

先生もちょっともらい泣きしていたような? 

 

おっさん二人なにやってんだ 

 

 

 

 

 

 

あたくし特別政治に関心があるわけではありませんが女性が入閣した場合の記念撮影の際のドレス姿を注視しております(嘘)

そりゃ大臣になるくらいですからそれなりに劫﨟を経た方でもあり、女性っぽさより大物感の方が漂う訳であんな風になっちゃうんでしょうか 

 

けど今回は服よりヘアスタイルに目が行きましたね~、すんごいクルクル!

何であんなに巻いてるのかしらん?

 

どっかで見た方だと思ったらあの方でしたね。

 

 

 

ゴメンってば~ 

 

 

 

 

 

最近には無く秋晴れ続きの今日この頃、晴れ晴れと言えばまた今回もノーベル賞受賞者に日本人が選ばれました、おめでとうございます!

地道な基礎研究ががんの特効薬に繋がったとか、すごいですね~ 

 

しかしこのようなことがあるたびあたくし思うんであります。

あたくしが毎晩お酒飲んでグダグダしている間にも人類の明日のために努力している方々が大勢おられ、あたくしなんぞ何もせず薬にしろテクノロジーにしろその結果だけを当たり前のように享受するばかりではないかと。

そりゃ人それぞれの役割があるのも事実ですが、なんだか申し訳ないような・・・。

 

更に最近この国の将来を憂うる方たちの論陣に触れる機会が増えまして、すんごい頭いい人たちがなお研鑽している様子なんぞ見ますと頭悪いなりにもっと勉強しなければならんのではないかと。

50半ばを過ぎまして遅きに失した感はありますが、なるべくいろんな本を読もうとね。

 

で、出来ることあらば実践しなければとね。 まだ何だか分かんないけど。

 

 

 

 

 

伊勢湾台風以上に強力と言われた台風24号でしたが、思ったより被害が少なくてよかったですね。

このところ繰り返した自然災害への心構えのおかげでしょうか?

いずれにせよ国を挙げての防災対策が急がれるところです。

 

てなこと書いているあたくしはというと未明の通過予報に備え会社、つまり実家に泊まりこんでおりまして、お酒いただいてすっかり酔っぱらっちまい加えて外側に面していない部屋で風も雨も一切知らずに爆睡しておりました。まさに白河夜船。

何も知らずに寝ているというのは実に平和なもんです。

でもね

 

寝ていりゃ平和だというのは全然違うと思いますよ。

 

いいのかなあ、あんな人で・・・・ 

 

 

 

本日は毎月恒例直売会九月場所でございました。。

金曜日があんなに晴れていたのに台風の影響もあるものか、未明から段々に雲が増えてきまして開店の頃にはぽつぽつ当たったりいたしました。

 

 

 

とはいえそこはしぶとく強運にぶら下がるあたくしどものこと、一番の稼ぎ時である午前中はどうにかもちました。

 

 

 

 

全体通してもこの天気の割には大健闘と言っていいかと思います。

これも皆様のおかげ、心からお礼申し上げます!ありがとうございました! 

 

 

 

実に久しぶりの晴れ間ですね。気持ちいい~

夕方になり雨の上がった昨日、この機を逃すとまた当分雨であろうと思い急なことでしたがガーデン飲み開催いたしました。久しぶりのおひとり様で。

 

 

今回は中秋の名月観賞用に買ったローチェアを使用、低い目線がまるでカヤックに乗った時のようでなんだか落ちつくいい感じでした。

 

 

 

 

 

腰が落ち着くというのは逆に言うと立つのが面倒臭いということで、手の届く範囲に全ての物を置く感じが何かに似てると思ったらあれですわ。

こたつ!

 

 

 

 

 

 

 

時間とともに雲が切れてきれいなお月様でございました。

 

それでは今週の一曲。桑田圭祐の名曲「祭りのあと」

 

https://www.youtube.com/watch?v=7R_yd_luTTo

 

あ~なんていい環境なんでしょう!引っ越したくな~い (;_;)

 

 

 

うっとおしい雨ばかりが続いております。

晴れのイメージが強い季節ですが替わりばなは思いのほか雨が多いんですよね。

客足も伸びないと見えあたくしどもの商売もさっぱりなんであります。

 

まだ暑い時分の話ですがお休みの度裏の芝生に来る若い男の人がありまして、小さなシート一枚敷いた上に足を投げ出すようにして座ってはサッカーボールでリフティングしてるんです。

それが異様に上手! ずう~っと落とさずに続くんであります。

 

で、なぜか上半身裸の短パン1丁なんです。

それが異様にいい身体! 細マッチョで、遠目にもカッコいいタイプなんであります。

 

何で一人でリフティングだけしてるのかしら?

自意識強すぎて友達いないのかな~?

通りがかりの女性に見初められるの待ってるとか?

 

どうでもいいけどそろそろ晴れませんかね・・・。

 

 

 

 

 

 

本日のお話は全て仮定のことですので念のため 

仮に「肝臓は生殖器官ではないから生産性が無い」という文があったとします。長い論文の一部に。

 

仮に読んだ人たちが口々に「臓器にはそれぞれの役割があるのに生産性とは何事だ!」と激高して攻撃したとします。

 

しかしそれはあくまでも一部だけを切り取って拡大したもので、全文は読んでない人たちも結構いたとします。仮に。

読んでみれば、例えばアルコール分解についてそれが先天的に出来ないという病理の問題と、お酒が好きか嫌いかという嗜好の問題とは分けて考えるべきだといったごくまっとうな意見も書いてあるのに。

だとします。

 

日ごろは生殖器官に関するもっと下世話な話題が大好きなのに、この手の問題になるとなぜか我こそは常識人みたいに尻馬に乗ってくる人たちが多くてデモとかしちゃって、またことさらにそれを取り上げてはみんながこう言ってますと火に油を注ぐ一方著者に対する殺害予告とかの話は表ざたにしない報道があり、寛容と多様性を錦の御旗に立てながら実は違う意見はよってたかって徹底的に叩くという。

少数派の生きづらさを語るならそっちの方がよっぽど問題なのではないかと思います。

だとします。

 

もちろんそもそもの表現として問題があったのは間違いのない事実ですけどね。 

 

では毎度飲み過ぎの我が身を省みつつ久々に今日の一句です。

 

 慎重に 過ぎた我が身を 休肝日

 

 

 

 

 

みなさん昨夜は空を見ましたか?

昨夜は中秋の名月ということで月好きなあたくしとしては外すことのできない年中行事でありました。

本来であればニッコーガーデンでしみじみ見上げたいところだったのですが、残念ながら天気予報によればほぼ見られないであろうという。

 

で、しかたなく街へさまよい出ましてなんとなくベトナム料理のお店へ。

 

 

ベトナムといえば大ファンだった故・開口健先生の「玉砕ける」をはじめとする数々の作品であたくし昔から思い入れ深い国でありました。

またベトナム戦争終盤を知る世代としてはあれからおよそ30年を経て平和になったインドシナを思うにつけ、 現在混乱の最中にある中東もやがては平和が訪れることを願ってやまないところ。

 

 

 

ま、といった話を真剣に考えていたというよりはうまいうまいとひたすら飲み食いしていたわけです。

 

ひと品ごとの量が多いのでダラダラ飲みにならず食事って感じで早めのお引けとなり、外に出ればまだ暮方の空は予報に反して雲が少なめ。

これなら月も拝めようかと西武デパートの屋上庭園に行ってみました。

 

 

モネの睡蓮の池を模したオシャレな庭園はビアガーデンも兼ねており、飲みながら待つほどにビルの間から出てまいりました。

 

 

 

よく言うように暑くも寒くもない気温で、肌に心地よい微風に吹かれ爽やかなひと時を過ごしたんであります。

 

 

種々の災害をはじめ不安の絶えない世上ではありますがこのように心安らぐひと時を持てる幸せを噛みしめつつ、小腹を満たすカップラーメン買って帰ったことでございました。

 

 

 

  

 

世間様は今日から三連休の方が多いみたいですが皆さんはいかがでしょうか?

かく言うあたくしは先週お休みいただいたのでお仕事いたします。

 

何でしょう、急に寒くなりまして昨夜はまるで氷雨!お鍋にしようと帰宅時スーパーに寄ったら白菜が最後の一個で、みなさん考えることは同じなようです。

 

考えは同じでもお鍋のテーマ、お肉屋は違います!

今回は来週新発売する鴨肉、フランスはブルゴーニュ産バルバリージョーヌと南三陸志津川産のタコをしゃぶしゃぶでいただきました。ま、タコは肉屋と関係ないわけですが。

 

 

 

 

どうすか身の赤さと皮の黄色のコントラスト。こりゃコーン飼料をたくさん食べてるからなんだそうで、飼育も70日と通常より10日も長いスペシャルな鴨なんでございます。

でね

 

鍋と言えば〆のうどんですわ。

またしてもヌードルメーカーの出番です!中力粉が無かったので薄力粉と強力粉を半々にブレンドして打ちました。

 

 

しかしこれだけのことを八時過ぎて帰ってからやるんですから、実にどうも我ながら物好きと言いますか 

 

 

鴨というのは滋味としか言いようのない美味さがあります。またこの肉の身の味の深いこと脂の甘いこと!坊主もこれは売れると喜んでおりました。

 

そして〆のうどんはつるつるしこしこ、大変結構でございました。

 

 

しかしこんな時間から麺打ちまでやろうという気になるのは、手順が簡単なだけでなくヌードルメーカーの分解掃除が簡単なおかげなんであります。

片づけ大変だとやりませんもんね。優れもの~!

 

フィリップスからいくらかもらってるわけではありませんよ。