店長日記

197

朝からニュースなどで騒ぎになってます。明治のお菓子カールが販売不振を理由に、中部以東の地域で販売終了だそうですね。往年の看板商品だけに全面終了は見送られたようですが、栄枯盛衰を感じさせる話であります。

 

であれね。

こういう話になるとすぐネット上で価格高騰したりするんですよね。あと西の方の親戚とかに送ってもらって自慢したりね。

あたくしはどういうものかカール子供の頃から苦手でして、なんつ~か粉っぽい?けどあのCMは好きでしたね。三橋美智也でしたか、あののんびり感がね。

 

 ♫ 山から小僧が 飛んで来まして はあ~オラがじゃドカ雪三日も続き~ カラスも行くとこなかんべな~ なんて便りもやってくる いいもんだなあ ふるさとは~ 真っ赤なほっぺの囲炉裏端 ♫

 

でこれね。

あたくしの記憶が確かなら最初の頃は「はあ~」から「ふるさとは~」までだったものが、人気の高まりとともにだんだん伸びてこのロングバージョンになったんですね、多分。

で、あたくしの勝手な想像ですとこの人気が出る→だんだん伸びるという現象は他にもありまして、エメロン?シャンプーの「♬振り向かないで~〇〇の人~」とか洗濯石鹸スパークの「♬ほんとは洗濯好きじゃないけど~あなたのためならせっせとやるわ~」とかそうでした。誰も覚えてないかもしんないけど。

 

ただあれね。長くなって曲として完成されたからといってそれが必ずしも良い結果をもたらすかというとそうでもなくて、むしろ逆の場合の方が多いような気がします。子供同士で行ったキャンプで無い知恵出し合って食べて感激した永谷園の納豆汁とおにぎり入りのインスタントラーメンを家に帰って作っても美味くないようなもんで、やはり世の中何であれちょっと足りないくらいがちょうどいいのかもしれません。

 

 

 

 

 

五月という月は春先に発情期を迎えた猫の出産ラッシュが落ち着いて、野良の子猫があちこちに出てくる月なんだそうです。

昨日の朝会社の一階で用を足しておりましたら窓の外からみゃ~みゃ~と声が。こ・・これは子にゃんこの声!?

裏に回ってみたら案の定白黒ブチのチビが三匹、井水のくみ上げポンプのあたりにかたまっておりました。お茶君の経験から見るにギリギリ授乳期を終えたくらいの大きさかと。

 

 

 

 

 

 

ここまで育ってるという事は母猫と一緒と思われ、ご存知の方はご存知のようにニッコーの周りは森ですから巣になる所には事欠きません。今まで気づかなかったのも平和に暮らしてたからなんでしょう。

で、今鳴いてるのは母さんが出かけちゃったから?子離れには早いけどなあ?気になる気になるう~ ( ;∀;)

 

スタッフたちも入れ代わり立ち代わり様子を見に行き、仔猫ってのは可愛いですからね。あたくしなんざ十分おきくらいにウロウロして仕事が手につきませんで。

 

午後になると表の方までちょろちょろ出てきて外置き冷凍庫の下のすき間に居ついてしまいまして、車の下にいたりシャッターの前まで登ってきたり動作がぎこちなくてきゃわいい~💛 

 

 

でも業者の車が来たり烏がうろついていたりと心配の種は尽きず。

そうです。その間ずっと見ていたあたくし・・・。 

このまま親猫が帰らなかったらどうしようと考えた結果、キャットガーディアンにお願いして去勢とか避妊とかした上で外飼いの地域猫にするのが良いかと。なんつっても環境抜群だしね。

 

それはそれとして夜はクラパイガーデン開催しました。例によってコウ様が同僚の方お二人を誘って来てくださいまして、小雨の中タープ張って楽しく過ごしたんであります。

 

 

 

 

 

そして今朝になったらにゃんこたちはいなくなっておりました。

どこいったんでしょうか?それはそれで仕事が手につか~んん (+o+)

 

 

 

以前ひじの痛みが引かなかった時に友達から紹介されて以来、月二回通っているカイロプラクティック。先生がいわゆる見える系の方でありまして、体のケアの他にそちらのケアもしてもらえてしかもオプション無料というお得な治療内容となっております。

 

月曜日行ったところ久々に身体ガタガタと言われいつもに増して念入りな施術をしてくれました。

そりゃまあ体調悪いのに土日仕事した上よせばいいのに土曜夜は新宿に繰り出して、遊んだというか飲んだというか全然休めてませんでしたからね~。

 

そりゃいいんですが先生おっしゃるには体内の特に腹腔辺りが真っ黒な気で満ちているという。霊的なものではないものの物理的原因の他にこの気が体調を悪化させてるってんで。

最近その手のことで思い当たると言えば土曜の夜?

しかし例大祭に行ったわけで、神信心で悪い気を引き受けるなんてことがあるでしょうか?ま、別に信心で行ったんじゃないけどさ。

更に先生おっしゃるには、神社というのは浄化の場所なので大勢の人が集まった場合他人から出た悪い気が浮遊して、特に体が弱っていたりするとそれを吸い込んでしまうことがあるんだって。

う~むそういや鹿子踊り撮影するのに人垣の後ろの小高いところに立ってたから、邪気が天に上る通路に当たっていたのかもしれないなあ?ホンマかいな! 

 

「大丈夫ですよ才谷屋さん!悪気は払って元のキラキラな状態に戻しましたから。キラ~ン!←(目力が強いのでまさにこんな感じ)」

そ・・・そうすか、あたしって元々キラキラなんすね 

 

このように先生見えるだけでなく払う力もお持ちでして、電化製品は身近に置いておりません。先生の波動が強過ぎてすぐ壊れちゃうから。嘘じゃないってばあ~。

 

 

 

 

 

コラムニストナンシー関が若くして亡くなって何年たつんでしょうか?彼女が好んで使った表現に「記号」がありました。

例えば昔のコントによく出てきたヘルメット、地下足袋、カールおじさん髭のおやじとかサファリルックの探検隊など、一目見ただけで意味するところがわかるようなスタイルを「記号」と表現したわけです。

そこから彼女独特の読み解きは元アイドルがコメンテーター的な役割で情報番組に出た時のメガネに及びまして、つまりこれは見られて消費される立場から見て批評する側に立った「上がり」の状態を意味する記号なんであると。

こういった下世話な話題からアカデミックに発展させるサブカルな手法が大好きでした。消しゴム版画の始祖、返す返すも惜しい人を亡くしました。

 

毎度申しますラジオCMのお噂ですが、シャッターのCMでこんなのがあります。

 

 (チュンチュン鳥の声) 朝シャッターを開けながら、さあ今日もがんばるぞと思う

 

 (ワオーンと犬の遠吠え) 夜シャッターを閉めながら、ああ今日も頑張ったなと思う

 

 そんな毎日の暮らしを守りたい〇和シャッターです

 

なんてんで。

 

この犬の声もまた夜更けた感を表す記号なんでしょうが、今どきどこの町内で犬の遠吠えなんて聞こえましょうか?その意味でこのCMそのものがAMラジオ聴取者の年齢層の高さを表す記号なのかもしれません。

 

先日南三陸さとうみファームで犬のヨウ君の遠吠えを聞きながら思ったことでございました。

 

 

 

 

 

 

 

土曜日は新宿に出張りました。先週東北ツアーで遊び呆けていたので今週は土日とも仕事しまして、その夕暮れにまた出かけたという我ながらタフなことでございました。

直売会のお客さんでもあり最近あちこちでお会いするクリエーターのA元さんがまたも面白そうな情報をくれまして。

西向天神社というところで例大祭があり、Facebookページのカバー写真見たらなにやら心惹かれるものを感じたんであります。

 

地下鉄東新宿で下車してナビを頼りに向かうと大通りから一歩入っただけであの新宿か?と疑う程に静かな佇まいの町並みで、高台の斜面に建つ社は社域も広くこれまた新宿か?という厳かな場所でありました。

 

 

ん?なんか見覚えある・・・。あ~、抜け弁天!

営業で走り回っていたころ新宿から会社に戻る時に使っていた抜け道でした~、懐かしい 

 

お詣りして境内を見て回ると重たそうな装束の一団が。なるほどこれがあの写真、これ着て踊るんだ。しかし六時の開始までまだ間がありまして、そこらを歩き回って見つけたお店でちょいと一杯。

 

 

 

暑い日だったので生ビールが染みました。

やがていい具合に日も傾き背景の巨大ビル群との不思議なコントラスト。そろそろ踊りの始まりです。

 

 

 

解説の方によればこれは鹿子(しし)踊りと言って食肉とひいては食物全てに感謝をささげるものだそうで、江戸前でお馴染みの獅子舞もこの系譜に連なるという。

今回来てるのは岩手一関のグループだと聞いてびっくり!先週行ってたし~。

更にマイクの前に立った若い衆が南三陸から来てると聞いてまたびっくり!かの地では伝統神事として保存会活動が盛んで、子供のころから入って学ぶとのこと。

何の予備知識もなく来てみれば、またここでも東北との不思議なご縁でありました。いやあ、嬉しいな 

 

https://www.youtube.com/watch?v=dcTEpgblRcE

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=JioZaoGSFJg

 

https://www.youtube.com/watch?v=Os5Ch6vXY7o

 

小半時にも及ぼうかという熱演の後それぞれに写真撮影。一関の可愛い女の子とお話しして、南三陸の若衆に声かけました。

 

 

 

 

「歌津に牧場あるの知ってますか?」 「あ、さとうみの?よくクレープ食いに行きましたよ!」

すご~い!なんたる偶然、やっぱ東北と心でつながってるんだね。あはははは 

 

 

こうして体調悪く忙しい週末もあり得ない出会いで幸せに閉じたんでありました。

よかったよかった!

 

 

 

 

 

 

時々申します通りあたくし落語が大好きであります。日々の暮らしの中でもああこれ噺に出てくるみたいだなあと感ずることが多後妻まして。

江戸の昔蔵前に十八代通と呼ばれる人々がおりまして、札差で大金を得た十八人で今でいうと相場師の親玉みたいな人でしょうか。

金に糸目をつけない彼らは寒中下駄に作り付けた引き出しにお湯を入れて歩いたり刀を左右逆に刺したりと、様々に趣向を凝らしては衆目を驚かせることを楽しみとしており江戸における一種のファッションリーダーでもあったようです。

 

昨日は業者仲間の所属するクラブが定期的に開いている会で講演会を聞いてきました。

このクラブというのが功成り名を成した人達の集まりでして、立場は様々ながらあたくしからみると十八代通のような趣でありました。霞が関の某有名会員制クラブの一室で昼食会の前段としてAIに関する最先端のお話を伺いまして、ビュッフェ方式の昼食にはワインまで付くという。

 

講師の方は研究者ではなく実際の現場でGoogleやFacebook、更には国家の管轄するハッキング対策室などを飛び回っておられ、すぐそこまで来ているAI革命後の世界をリアルに興味深くお話してくださいました。いや~面白いけど怖かった!

スパコンの一億倍以上の速度を持つ量子コンピューターによる人工知能は知能指数一万!古今東西のビッグデータの蓄積からはじき出される分析結果は、法廷、医療、金融、株式相場などの現場で活用されればもう人間は必要なくなるってんでね。

しかし一番恐ろしいのは兵器としての側面で、戦場から兵士は消えても殺されるのは一般の人間ですからな。おそろしやおそろしや ( ;∀;)

 

とはいえそれに何をさせるかを考えだすのはあくまでも人の領域だそうで、答えにたどり着く速度であるIQで完敗した後人間に残される道はCQとEQ、クリエイティブとエモーションだってんで。講師先生によると楽器やったり歌ったり絵を描いたりしなさいって。

 

あら?それって・・・。

あたくし友人がみんな合格した企業の一次試験のIQテストで一人だけ落ちたくらい頭悪い人間ですが、楽器と歌と絵なら少々嗜みますわ。

 

な~んだ次の世界って俺の世界じゃん、あははははは 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ お肉料理へ←良かったらクリックしてください。順位アップですわ 

朝一の納品が今月はお休みのため、家を出るのは四時半と少しゆっくりめです。

線路脇の駐車場に向かう頃は既に仄明るく、ちょうど長~い貨物列車が通過するところ。

貨物列車というとなんとなく荷物のある時だけ旅客車の合間の空いた時間に走らせてるように思ってましたが、毎朝同じ時間に会うのを考えるとちゃんと定時のダイヤがあるんでしょうね。

 

人はそれぞれ一生のうちに一度はやってみたいという事があると思いますが、あたくしの場合あの貨物列車に潜り込んで旅するのがその一つなんであります。

昔のアメリカ映画「北国の帝王」では大恐慌時代に全国を放浪した失業者ドードー達がこれをやっておりまして、対するのが鬼の車掌。見つけ次第列車から突き落としたり、貨車の下に隠れれば紐付けたバールのようなもので痛めつけて落としたりともうすんごいの!

ただ乗りしただけで命まで取っちゃうってんですからどっちが無法だかわけわかんないですわ 

 

しかしやっぱ極めつけは「エデンの東」。ジェームス・ディーン演ずるキャルが幼い頃別れた母の住む町まで行くのにやってまして、これは屋根に乗っており寒そうに竦めた肩にセーターを巻いたジミーの表情が実に良かった!憧れましたわ~。

 

ま、あたくしが真似しますとトンネルにぶつかって落っこちるオチがついたコントになっちまうでしょうがね 

 

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=iQhSsEyFNjs

 

 

知ってますかうにく?和牛とウニをコラボさせた話題の料理です。

例によって興味がわくと何でもかんでも自分でやってみたい性分。今回東北ツアーに出る前からウニを買ってきて実行しようとと決めておりまして。ウニでクラパイだからウニクラ。

 

 

 

 

♬ ウニクリウニクラ ウニクリウニクラあああ~ ♬ どうも・・・ 

 

参加者は太一君、ナオミママと二人の息子。ストップひばり君の梶先輩そっくりなオヤジの子とは思えぬそろってイケメンなボーイたちでありました。

 

 

肝心の内容ですが、あたくしすっかり体調を崩してしまったためよくまとまっているナオミママの文章をそっくり引用させていただきます。

 

 

ウニと牛肉を合わせて食べてうまいのか!

三陸産のウニと和牛でやってみる!

という日光畜産社長のウニの写真に誘われて行って来ました。

ちょうど家にいた息子達も連れて。

...

ウニの肉巻きなんて、それぞれ別に食べた方がいいんじゃないかと思ったり、どっちもおいしいんだからおいしいに決まってると思ったり。未知の味にワクワク。

A5ランクの和牛を軽く炙りウニを巻いてパクリ。

塩気が欲しい。

ウニが強すぎるから牛を多目に。

牛多目だとバランスいいね。

でもやっぱり別で食べた方が良くない?

などと言いつつ色々試す。

次は山形三元豚のバラ肉でも試してみる。

え〜豚は合わないんじゃない?と思ってもとりあえず試す。

うま〜!!

豚とウニ、うま〜!!

実はさっきまで食べてた牛とウニには多少の違和感を感じていたけど、うまいはずだという先入観によっておいしいと思わされていた感もあったけど、豚はこれは違和感なくおいしい!

豚の脂とウニの存在感が不思議とマッチして甘さも増して…。これはいい!

南国スイート、認定山形豚のロースもいただきます!

やっぱりウニは牛より豚だねー。

というか、いい豚肉って本当においしい。

豚肉好きな息子もうまいうまい言って食いまくってました。

夫の帰りが遅かったので仕方なく自分で運転して行き、ノンアルコールビールでガマンだったのが心残りだけど。

いつもおいしいお肉をありがとう!

おいしいお肉は日光畜産へ!!(CM)

 

 

 

 

震災以来日光畜産では現場でユウセに代わってラジオを流しております。大変でしたよね、あの頃 

ラジオCMというのはある一定の期間同じものばかりが繰り返し流されるという特性があるようで、中でもそれこそ耳タコになるくらい続いたのが聞くだけの英会話教材と過払い金返済の法律事務所なんであります。

 

過払い金というのは時効の十年までなら過去に遡って請求できるそうで、体験者の声風なそのCMによりますとこんな感じ。

 

 「わたしは五年前に趣味が高じて借金してしまいようやくの思いで返済しました。

このCMを聞いて過払い金のことを知り、でも書類なども無くしていたのでダメ元と軽い気持ちで電話しました。

なんのストレスも無く受付が済んでしばらくするとびっくり!百万円を超えるお金が戻ってきたんです!そのお金は家族のために使いました。

過払い金は自分のお金、金融機関でもちゃんと用意して待っててくれたんですね。電話しないのは絶対にもったいないと思います」

このように昨年一年間で百万円を超える過払い金が戻ってきた方は百人以上です。

着手金不要、相談だけなら何度でも無料です。お電話〇〇〇ー〇〇〇〇、24時間営業中!

 

ホンマでっかこれ?百万✖百人つったら一億円でしょ?十年遡ってそんだけ取られたら金融機関もたまらんでしょうね~ 

けど大げさでなく15分に一度流れるくらい広告料払っても法律事務所が元取れるほど、しかも24時間対応するほどその類の案件があるという事なんでしょうね。

 

笑ってしまったのは番組に寄せられた聴取者からのメールで、その人は六歳の娘と毎日ラジオを聞いているお母さんでした。

このCMを憶えてしまった娘が「ねえお母さんも電話してみなよ~。相談だけならただだって。百万円もらえるかもしれないよ」

毎日言われてるうちに借金経験など一度もないのに、ひょっとしたらそうかもしれないと電話してしまいそうな自分が怖いという。

 

あたくしも繰り返し聞くうちに内容から電話番号からすっかり覚えちまいまして、するってえと聞くだけの英会話教材もあながち見くびったものでもないのかしらんと、両方のCMに影響を受けてしまいましたとさ。

 

 

 

 

 

 

ご縁あって震災後の東北に通い続けて六年過ぎました。陸前高田に始まり気仙沼、南三陸と不思議なご縁で結ばれております。

この土日は3月11日に続きまたまた東北に行ってまいりました。前回は下と、今回は上の坊主との二人旅。親父冥利に尽きるいう、ありがたいありがたい 

 

 

バイクであちこち旅してる彼ですが片道七時間の道程にぶっ飛んでおりました。慣れない四輪の運転もどうにかこうにかこなしつつ陸前高田にたどりつきました。ママハウスでお茶っこさせていただきながらあれこれのお話を。

 

今回あたくしの勝手な目玉はこの地での親子セッション。ママハウスの丘の上でプロモ風に演奏しようという。心のふるさとで我が子とギターで絡む!親としてこれほどの喜びがありましょうか?

残念ながら結構な雨だったので軒下お借りし、ついでにママも引っ張り出しまして。

 

https://www.youtube.com/watch?v=-Eco5jYlN90

 

ま~それにしてもなんちゅう独りよがり、なんの関係もないあたくしが東北で応援ソング無理くり歌ったからと言ってそれが何になるんでありましょうか?ママ、ほんとにすいませんでした 

 

 

 

 

 

 

とはいえママからいろいろお話を聞き実際の場所をあちこち見て、坊主の中でも何か深く思うところがあったようです。それだけでも連れてきたかいがあろうというもの。

やはりその場に立って風景を見、空気の匂いをかぐのはどんな動画を見るよりも得るものがありますね。

 

 

いつものように気仙沼倉元さんでお酒を仕入れまして、うに丼食べられるお店を聞いたら直接電話で確認してくれたのでおススメのゆう寿司さんへ。

 

坊主に運転任せることにしてあたくしは生を。これまたおやじ冥利ですわ~ 

 

そしてこのうに丼・・・過去最高でしたっ!

 

平成の森で入浴後さとうみファーム到着は四時くらい。かねちゃんは仙台出張中でお留守。

 

 

 

 

とにかくず~っと雨なのでヨウ君のランニングチェーン設置もままならず、K君お仕事の最中ですが我々は一杯。ま、旅人だということでご容赦ね 

 

 

 

やがて日も落ちまして仕事終わったK君も交えて本格的に飲み食い。ボラの志厚いK君の話に感心することしきりの坊主でありました。

 

 

 

 

K君帰宅後も坊主とあれこれ語りつつ杯を傾けまして、牧場での親子酒、なんて幸せなんでしょう。

 

一夜明けても小雨模様の上相変わらずダウンが欲しい寒さ、今年の初漕ぎは諦めまして午前中にはさんさん商店街、お魚の三浦経由で帰路につきました。かねちゃん、また来月ね~。

 

 

 

 

 

何事もなく帰り着けばまだ五時過ぎ。早速三陸の幸に腕を振るいまして、カキのアヒージョ、タコのマリネ、初ガツオの刺身、わかめの酢の物。

 

 

 

 

 

ママにいただいた別格と倉元さんのお馴染みのお酒。

まさに行っても帰っても美味しい東北!今回も大変結構でした!

 

 

 

あ、こいつだけはややむくれておりました・・・(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は話題のひたちなか海浜公園へネモフィラの丘を見に行ってまいりました。

会社半休しておふくろ様をお連れしまして。

自分自身五十代半ばに差し掛かれば親との付き合いももう長くはなく、たま~~には親孝行の真似事でもしようかという。

 

高速乗り継いでいけば二時間に満たない距離とアクセスも良し。実は昨年秋に訪れており土地勘もありましたの。誰とだよ?あははははは ( *´艸`)

正門側の高速出口は平日にもかかわらず渋滞中だったので、そのまま海まで抜けて海側の入場門からすんなり入れました。

 

 

 

 

さすがに見事でありました。

 

園内あまりに広いため年寄りの足では辛かろうとここだけ見て戻りまして、それでも駐車場往復だけで結構な距離でありました。

 

お昼は那珂湊のおさかなセンターへ。

 

 

 

 

ノンアルビールで美味しい回転ずしをいただき、いろいろ買い物しました。

 

びっくりしたのはこっちの方がもっと人が多かったことです。平日でこれじゃあ休みにはどうなっちゃうのかしらん? (*_*;

この先行くつもりの方にアドバイスです。那珂湊駅側からまっすぐ向かう道は絶対に避けましょう!どん突きの駐車場に入るのに何時間かかるか分かりません。

あたくし達みたいに港に向かって左側の通りからですとすんなり入れます。くれぐれもご注意!

 

おふくろを無事に送り届けてそのまま早めの帰宅となりまして、晩飯は坊主と二人買ってもらったかにさんをいただきました。身が甘くておいしかったわ~。 (^O^)/

 

 

 

 

 

しかしあれですわ。親孝行の美名に隠れて寿司は食わせてもらうわお土産ねだるわ、これじゃ単なるたかりですわ。結局ど~もすいません ( ;∀;)

 

 

あたくしのところの愛猫お茶々。一番好きな下の坊主が帰寮してしまったため再び上の坊主にくっ付いているのですが、昨夜は上もどっかに泊まりに行ってしまいあたくしと2人だけでございました。

寝る時間になり部屋に引き上げますといつも下の坊主が寝ていた部屋でニャーニャー鳴いているのが聞こえてきまして、そのうち上の坊主の部屋で。そして最後にあたくしのところへやってまいりました。

 

で、どういうわけですかあたくしのところに来ますと顎といわず耳といわず首といわず所かまわず吸い付くんでありまして、猫を飼ったことのある方ならご存知でしょうが例のフミフミともスイスイとも言われるあの仕草ですね。

一説によると母猫のお乳を吸っていた時の名残で愛らしいなんてますが、吸い付く時々に噛みつくわ爪を立てるわで痛いのなんの。それでなくとも四時間しか睡眠時間の無いあたくしにとっては可愛いよりも死活問題でございます。

布団かぶって守りに入りましたものの隙を見つけちゃ吸い付いてきやがりまして、寝もやらず短い一夜を過ごしたんであります。

 

ようやく少しまどろんで目覚ましに起きましたら、彼女あたくしの枕の上で熟睡しておりました・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

夕べは神田でカヤック仲間と飲みました。

今年になって初めて会う人もいましたが、SNSのおかげで近況はお互い知っておりご無沙汰感がないというのもありがたい世の中でございます。

 

 

川の話題にはついていけなくなりつつありますがその他の話題には事欠かないあたくし、わいわい騒いでおっさん六人三時間半飲み放題の夜はあっという間に過ぎたんであります。楽しかったわ、飲みすぎちゃったけど 

 

 

 

もう一昨年になりますが犬猫を殺処分から救おうという団体の里親譲渡会に通ううち、縁あってその年の暮れにご近所の方からいただいた野良猫出身のお茶々もそろそろ一歳半。見た目はすっかり大人になったけど好奇心やじゃれつく姿はまだまだ子供です。

 

猫というのは一見ポーカーフェイスで犬に比べると感情を出さないので今何考えてるんだろうなんて思ったりしますが、その分時折見せる素顔?が一刻者の微笑みのようにたまらなく愛おしいんでありまして、猫好きがメロメロになるのもそんなところにあるのかと。

だもんでそんな一瞬を撮ろうと写真が増えまして、デジタル時代に生きてる有難さを感じたりいたします。フイルムだったらお金かかって大変だもの 

 

 

 

最近のお気に入りです。

 

 

留守番させられる時のブーたれ顔

 

 

帰ってきた時の歓迎顔

 

こうしてみるとどうして実に表情豊かではありませんか。

 

そしてまた撮っちゃう~ 

 

 

 

 

 

どうにも子供のころからの癖が抜けないと申しましょうか、あたくし何でもかんでもとりあえずは自分でやってみたいんであります。

 

先日姉からカラスミをもらい高っかいのによくくれたもんだと思ったら実はたらこのカラスミで、ありゃあ希少なボラの卵だから高いのであって似て非なるものであれば安価にできるんだそうで。してみれば町のパスタ屋さんで出されるカラスミのパスタなどはこの伝であろうかと。でなきゃ800円とか1000円じゃ出せませんわな。

 

その後ネットで調べてみると時間さえかければ割と簡単に作れて、しかも魚卵であれば種類を問わないとか。こりゃやってみるしかないってんですぐに角上へまいりました。

ところが取れ取れが売りの店だけにいつも決まったもんが置いてあるわけではないためその日はたらこがありませんで、あちこち探した結果ブリの卵をゲットしたんであります。この方が形的にも本物っぽいかしら?なんてんで。

 

 

今回テキストにした小泉武夫マガジンに従って先ずは塩漬け。

たっぷりの岩塩をふりかけジップロックに入れまして冷蔵庫へ。

 

 

出てきた水分を抜きながら塩を足し足し五日ほど。薄い塩水に一日浸けて塩抜きしたら、ひたひたに日本酒を入れてまた五日ほど。塩漬け生食用たらこならこの工程からのスタートでいいそうな。

 

お酒吸ってぷっくりしてきたら干しに入ります。アマゾンで購入した干物ネットに入れてひっくりかえしつつ一週間。冬場であれば外干しですが冷蔵庫でも構わないそうです。

 

 

 

 

 

なんつっても業務用冷蔵庫のデカいのがありますから風通しも温度管理も申し分ないんですが、やはり天日に干すのがベスト。気温の上がらない午前中は外で、後は冷蔵庫にぶら下げておきました。

けどものが太いせいか一週間たっても乾いた感じになりません。

様子を見ながら結局三週間干し続け、ようやく完成いたしました!

 

 

どうすかこれ?いい感じ~、ワクワク 

 

 

 

 

 

 

食べてみるとねっとりとしたあの食感と濃厚な魚卵の風味。うん、確かにカラスミですわこれ!

お酒も美味~い。しばらくはちびちび楽しめそうです。

 

作ってみて思いましたのは手順簡単とはいえ手間暇はかかる訳で、最初に卵買ってきたのは3月26日ですから丸々一か月間に及んだというそこを面倒と感じるか楽しいと感じるかが分かれ道でしょうね。あたしゃ実に楽しかったわん。

でも次作る時は塩漬けたらこで冷蔵庫干しでやるだろうと思います。外干しはまた冬が来てからね。

しかしこの手のものは作る楽しみとそれを食べる楽しみがあって実にどうも結構でありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

珍しく全部の日がお天気に恵まれたゴールデンウイーク、みなさんいかがでしたか?今日からまた仕事ですね、頭切り替えていきましょうね。

なに?まだ休みだ?

あ、土曜日だから繋がってる訳ね、それはそれは。では明日までおやすみなさい。

 

直売会ですっからかんになった商品を少しでも補充しようと、あたくし連休なんぞ何の関係もなく仕事しておりました。まあ考えてみれば普通に過ごしていれば普通の一週間であって、連休でなくとも週末休みがあるんだから別にどってことないわけです。

それに自分だけのペースで黙々とできるというのもまたいいもんなんであります。いやほんと。

 

ただ会社的には暦通りの三連休ということだったので、最終日くらいは早めに切り上げて少し出歩こうかと下谷神社のお祭り行ってみました。この二日間だけの特別な御朱印がいただけるってんでね。

下谷と言えば落語の噺でお馴染みの土地柄。名作「黄金餅」の舞台山崎町はこの辺かしらと古地図アプリで見たけどよく分かりませんでした。金兵衛さん西念さんごめんなさい。

 

 

 

 

ところがこの日は既に御朱印の受付終了しており翌日も朝から配られる整理券もらわないと駄目だそうで、今いるんだから書いてくれたっていいじゃんとブーたれつつ河童橋辺りをぶらついて、本願寺で代わりに?いただき銀座線に乗りました。

 

日本橋から暮れなずむ街を歩けば昼間の暑熱を納めた五月の風が肌に心地よく、ああ薫風とはこれだなあなんて言いつつ銀座まで歩いたのでした。実によろしい季節でありますな。

向かったのは三笠会館さん。

連休中南三陸わかめ羊を使ったパスタを出してくださっており、先日の会にお呼ばれしたお礼と言っちゃなんですがなるべく羊さんを食べちゃおうってんでね。

 

折しも銀座シックス開店で大混雑の銀座通りから一歩入ればみゆき通りはいつに変わらぬ落ち着いた佇まい、三笠会館一階イタリアンバール ラ ヴィオラはこれまた大人の静かなお店でありました。価格帯も抑えめで銀座の真ん中でも気軽に食事を楽しめる設定になっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、あれやこれやワインとともにいただきまして〆に本日のパスタ。南三陸羊美味~い!

他のテーブルでもオーダーしてる方が多かったのですが、スタッフの方の説明に羊の由来がなかったのであたしが代わりに語っちゃおうかなんて。もっと知って~!わかめ羊の事 (;_;)

 

とはいえ定期的に使っていただき有難いことであります、ごちそうさまでした~。

 

 

いろいろ言っておりますがやはり人間なにか楽しみがあればこそ働けるという事でしょうか。

おかげ様で楽しく暮らしております。ありがたいありがたい (*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

 

これからくるであろう先物買いですがスーパーフルーツトマトをご存知ですか?

先日業者仲間の先輩である八百屋さん小柳商店さんの社長がFacebookにアップしていたのを目にいたしまして、写真で見ただけでも真っ赤であまりに美味しそうだったのでお願いして送ってもらいました。肉と物々交換という (^-^)

 

 

 

これが美味いんです!

見るからに健康に育った赤みとお口に広がるあま~い果実のような味わい。トマト好きの姉貴もすっかり気に入ってシーズン中はずっと購入すると興奮しておりました。 https://w-sc.jp/nkktomato/

 

 

洗っただけでそのまま食べて楽しんでおりましたがオリーブオイルかけて岩塩系振ってもまた美味し。残り少なくなった昨日は一回目の最後にチーズと合わせてオサレにいただこうってんで、帰宅時いつものBIG〇さんよりちょい高級なスーパーに立ち寄り一個400円の生モッツァレラチーズを奮発しました。

 

 

ところが。

無い!確かにしまったはずの冷蔵庫の棚にトマトが無い~!  なんと留守に坊主たちが食べてしまっておりました~ 

若い男なんてものは味わって食べたりしませんからな、価値も知らずにバクバク食いやがってバカバカバカ! あたくし手中の玉を奪われたように嘆き悲しんだんであります。

ま、その後からくも虎口を逃れた二つだけが発見され、無事カプレーゼとして美味しく頂きましたが。

 

 

その後珍しくやって来たお茶々と寝てましたら、下の坊主が遅くに帰ってきた物音がした途端に走って行っちまいやがりまして。それやこれやでなんやかんや息子に持っていかれちまった晩でありました。

 

寝ながらふと思い当たりましたのが現在読んでおります「重耳」 中国古代の英雄を描いた小説で今中巻なんですが面白いんですわこれが。

上巻で重耳の父詭諸は自分の父、称の愛妾斉姜と通じてしまい苦り切ったおやじから何とかもらい受けて重耳の兄が生まれ、その後孤族から来た狐姫が彼を生むことになります。

しかしこの一件が後に晋の国を危うくする元となったんですね~。と、いうところまで読んだんです。

 

トマトと猫じゃ一国の興亡とはスケールが全く違いますが、時代変われど男と男の確執は変わらず?父と子の相克を知った夜でありました。

 

 

 

 

 

 

 

先週土曜日は月一直売会でした。あたくしうっかり寝坊いたしまして、それでも四時半に起きシャッター慌てて開けると既に五人さんお待ちでございました。ごめんなさい 

いつもは仕度してる間朝凪って感じでも開店が近づくとそれなりに吹き出す風もこの日は全く静かで、空も晴れ渡りまさに行楽日和。

お買い物も行楽だとすれば直売会も行楽客でものすごい混雑でございました。

 

嵐の前の静けさ

 

テレビ放映の影響はもちろんでしょうが連休中にバーベキューをするという方も多数おられ、いつもは最後底の方に少し残るスープ試食の寸胴がソッコーで二つ空っぽになる勢いでありました。

 

そりゃいいんですがお昼近くなったあたりで売り場の方がスカスカになってきたらしく「このままだと整理券持って待ってもらっても買うもの無くなってしまします、社長の方からお詫び言ってください!」とご案内役のベイちゃんから悲鳴が上がりまして、あたくしメガホン持って壇上に立ったんであります。

ああこの状況ってアド街騒ぎの時と一緒だなあなんて。

ここであらためてお礼とお詫びをいたします。

 

みなさ~ん、日光畜産直売会へ沢山のお越しまことにありがとうございました!

なのに買うもの無くなっちゃってすいませんでしたあ~!! (._.)

 

 

          

 

でもね、決して手を抜いてた訳じゃないんです。

 

だってこの箱全部売れたんですもの~!ひと月かけて準備したんすよこれ 

 

とはいえみなさんご立腹も無くいつものように和やかな雰囲気で無事終了いたしました。

重ねてお礼申し上げます、本当にありがとうございました!次回に向けてスタッフ一同さらに一生懸命仕込みいたします。

また来てね~!

 

追伸

いつも読んでくださっている方なら「今日は子どもたちの写真が無いな、よっぽど忙しかったんだなあ」と思ってくださるんじゃないでしょうか?確かにそれもあるけど実は今回あえて控えたんです。

先日成田の方の事件があったじゃないすか。あの犯人って子供の側の人間だったでしょ?

あたくし誓って純粋に子供が好きなだけの人間ではありますが、女の子ばっか依怙贔屓してるし人によってはあいつ怪しいんじゃなの?とか思われるかもしれず、ここは李下に冠を正さず瓜田に履を納れずで今月は自粛することにしたわけです。また来月からよろしくね。

 

子供好きには生きづらい世の中でありますなあ・・・ 

 

 

六年もブログを書いて二千回越えたりなんかしますと毎年その時期に同じようなことを書いてる場合があり、これはもう一つの風物詩とでも言いましょうか。この店長日記では初のGWとなりますがやはり同じような展開でございます。

昨年のGWのブログを見直しますとやはり直売会でして、混雑する中出歩くよりもうちの直売会でお肉を買って近場でピクニック&バーベキューをやりましょうなんて書いておりました。

 

今年も書きます。

 

GW初日は直売会へGO~~!

 

前半は不安定なお天気らしいっすよ。出先で降られるよりお肉買いに来て、日曜はおうちですき焼きやしゃぶしゃぶ。後半はお外でバーベキュー、これぞ正しいGWの過ごし方です。

足りなくなったら直売所で追加をどうぞ、社長は毎日営業しております! トホホホホ~ (+o+)

 

 

 

 

 

例によってみっち部長の発案により日光畜産オリジナルゆるキャラを作ろうということになりました。けど外注して作ると50万円くらいかかるとか。そんなに出せませ~ん 

そこで思いついたのが直売会によく来てくれるお客さんのA元さん。ご自分で作った猫やキツネのお面を着けてあちこちのイベントに出場されてるクリエイターの方なんであります。

今年の節分の頃「吉原節分お化け」なるイベントに出られたときにあたくしお邪魔しまして、その時のこともここに書きましたがちょいキモな金魚の自作着ぐるみで優勝されておりました。

http://nikkotikusan-nikkotikusan.blogspot.jp/2017/02/blog-post_7.html

 

で、早速お願いしたところ快く引き受けてくださいまして昨日ご自宅でレクチャー受けてまいりました。

人により様々なやり方があるそうで、A元さんは粘土の型に新聞紙と和紙を交互に張り付けていきのりで固めるやり方。なんと時には自ら和紙を漉くこともあるという。

前もって作っておいてくれた型はあたくしの描くお茶々のキャラクターでありました。

 

型の芯にはこんな生活道具も使えます

 

 

 

 

粘土の型にラップ。霧吹きで湿らせて一層目の新聞紙を張り込みます。

 

 

 

新聞紙の上から和紙

 

 

 

これを根気よく10層重ねるとこんな感じに厚みが出ます。

予め作って乾燥させておいてくださった本体ベースにアクリル絵の具で色付けしていきます。

 

 

普段何気なく描いてる自分のキャラですが三次元モデルとなると全く勝手が違いまして、特に左右のバランスと筆遣いによる筆致が難しい。

よくニュースの風物詩で達磨の絵付けとか見ますよね。ああいうのってほぼ一筆に見えるでしょう、熟練の技なんだなあ。

 

出来たあ~!

 

上のがA元さん作です。やはりプロとの差は否めませんな (*_*;

 

その他、内側に柿渋を塗って強度を出す方法とかいろいろ教えていただきました。型、絵具、柿渋液などたくさんいただいたので自分で習作が出来そうです。

 

いくつになっても知らなかったことを知る喜びってのは大きいですね。今回も大変楽しかったです。プラモデルとかと違い無から有を生み出す、形あるものを自分で作るってのはまた格別でございます。上達したらいろいろ作ってみたいなあ。ま、時間があり場だけどさ。

 

A元さんありがとうございました!