店長日記

330

いや~すごいっすねえ~!サルバトール・ムンディですか?

手数料込508億円で落札ですって。手数料がいくらなんだ?という疑問もありますが。

 

先日ダヴィンチ素描展に行く機会がありまして、素描っつったらまあラフスケッチみたいなの?あのくらいの人になるとそれだけで金取って人呼べるんだなあと感心しましたら、またこのトンデモ価格ですもの~。

前にも書いたけどダヴィンチが就職希望先の銀行に出した履歴書の特技の欄の最後に「絵も描けます」とあるという。美術史上の最高傑作描いといて、絵「も」かよっ!ってんでね。どんだけ万能の天才なんだってば 

 

何事につけ目が効くというのはカッコいいんであります。

この作品も元は一万円ちょっとだったものが修復と鑑定の結果、ダヴィンチの真筆であると判定されたことから今回の騒ぎになったそうですね。でも贋作の噂も絶えないそうで。

自慢じゃないけど審美眼のかけらも無いあたくしですが、この絵にはなんだか神秘的なものを感じます。あのキリストの表情とか色とかがなんでしょうか?モナリザはどこがいいんだかさっぱり分からないんですけどね 

 

それにしても、誰が落としたのかな~?

 

 

 

 

 

 

 

昨日は息子二人の名前にその二字を一字ずついただくほどに、敬愛してやまない坂本龍馬の誕生日&命日でございました。

毎年この日は龍馬祭と勝手に名付けて同じくファンの連中集めて飲み食いするのを恒例にしておりましたが、加齢とともになかなかそうもいかなくなり特に昨日は前夜祭で飲みすぎて体調崩し、予定していたクラパイガーデンを中止して家に帰りました。

 

ならば竜の字をいただく坊主と飯食おうと思ったら泊りで留守。しょうがないので一人で軍鶏鍋いたしました。

 

 

 

そうです。暗殺された晩中岡と食べようと峯吉に肉を買いに行かせている間に遭難したといわれる軍鶏鍋、何事も無ければ二人そろって舌鼓を打っていたであろうこの料理を今回は水炊き風にいただきながら我が英雄を偲んだんであります。

 

でね。薩摩軍鶏と豆腐一丁でサッチョウ同盟ってどう? 

 

最近凝りまくっている白髪ねぎたっぷり。軍鶏とお揚げはやかんの湯で霜降り、こうやると臭みが抜けるんですわ。

土佐のお酒は前夜祭で飲みまくったのでエルキャン残りの澤乃井を、酒一水四の割合で流し込みつつそうまでして飲むかと我ながら呆れたもんでして。

地鶏にしては歯ごたえの柔らかい薩摩軍鶏、煮過ぎないようにいただきますと香りと滋味があって美味~い!大変結構でした ( *´艸`)

 

 

 

そういやボジョレーヌーヴォーも解禁になったそうで。

カウントダウンしながら待ってて飲んでるとこテレビとかに映る人がいるじゃないすか。あれってね。ノーベル文学賞決まる時に集まるハルキストと似てません?

な~んか薄っすい感じがしちゃうんですよね・・・。いいんだけどさ、別に 

 

 

 

商品紹介のページで書いたことがありますが、時々牛の区分について聞かれることがあります。和牛と国産牛はどう違うの?みたいな。

これは集合の図を使うとざっくりだけど分かりやすいです。こんなの。

 

 

日本で生まれ育った牛は全部ひっくるめて国産牛です。その中の四種類、黒毛、褐毛、短角、無角和種と呼ばれるものが和牛で、ホルスタインやジャージーなどその他の牛と区別されます。

そしてその他の牛が肉用に肥育され和牛と掛け合わされて生まれるのが交雑牛。さっくりですが。

 

最近特に有名人が結婚した場合など「お相手は一般人の男性です」みたいに言いますよね?あれどうにも違和感がありまして。

 

 

本来は左のように牛と変わらない分け方であるはずが、なんとなく右のようなヒエラルキー的意識を感じます。

 

でね。

特に選挙前など候補者が「国民の皆様の負託にお応えすべく!」とか言うでしょ。あれも違和感がありまして「あんたも国民なんだよ」と突っ込みたくなるわけです。

で、当選するとすぐ約束破っちゃうのはこの辺りの意識の乖離に原因があるような気がしてなりません。

 

こんな感じ? そりゃまあまるっきり一緒だとは思いませんけどね・・・ 

 

 

 

 

 

 

なんだかんだで仕事した週末、土曜日は午前中で終わらせて元?ホーム御岳に行ってきました。実に久しぶりでエルキャン開催いたしまして。

エルキャンというのは元?カヤックチームエルフのキャンプの略で、東日本大震災復興支援の何かお役に立てないかとカヤッカーが集まってバーベキューをやり、不詳あたくしの持ち込むお肉を食べかつ飲み肉代引いた余剰金を震災遺児育英基金・桃柿育英会に寄付しようという集まりなんであります。

かつては毎月開催していたところを諸般の事情により一年くらい空いてしましましたが、先日クラパイに来てくれたしょこたんが背中を押してくれてご無沙汰の仲間とお会いすることが出来ました。しょこたん、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

心配された冷え込みもそれほどではなく、暗くなる頃三々五々メンバー集合し楽しい宴となりました。

 

 

杉ちゃん飛び入り慰問!

 

 

 

 

 

 

不覚にも風邪をひいてしまい楽しみにしていたカヤックはできませんでしたが、久しぶりに楽しい仲間と楽しい一晩でございました。

みなさ~ん、参加ありがとうございました!また遊んでね~!

.

 

 

 

あたくしどもの現場ではユウセンが流れておりまして、先日ゆずの「嗚呼、青春の日々」を聞きまして、ありがちだな~と思いつつそういや「ああ青春」って曲があったなあと。

毎度お古いお噂で恐縮ですがこれ数え歌になっておりまして、当時結構流行ったんだけど今から考えると実に変てこりんな歌なんであります。

 

 一つ独りじゃ寂しすぎる 二人では息さえも詰まる部屋

 

 三つ見果てぬ夢に破れ 酔いつぶれ夜風と踊る街

 

  (中略)

 

 五つ生きてる後味悪さ 胸に噛み締めれば泣ける海

 

 八つやめるさ抱き合っても 心は遠ざかる安い宿

 

どうすかこれ?

数え歌のルールにのっとって十まで読み込んでいるはずが、一見四、六、九、十が見当たりません。よく読んでくださいね。

 

 四→酔いつぶれ 六つ→胸 九つ→心 十→遠ざかる

 

いや~なかなかどうして味わい深いといいますか、特に九つ十のあたりのもってき方、なんか笑っちゃいますね~ 

 

もし巨匠にも触れられたくない恥ずかしい過去があるとすれば、拓郎の場合このあたりでしょうか?ちなみに作曲は松本隆、ゴールデンコンビの作でありました。

 

でね。

これまたお古い「大ちゃん数え歌」の七つ以降はどうなってるのかと思い至りまして。オンエアでは六つまででしたからね。

検索したら45年ぶりに衝撃の新事実を知ったんであります!

 

 七つ七くせ悪いくせ 八つやっぱり治らない

 

 九つこまったすびばせん 十でとおとおずっこけた  

 

 大ちゃんポッチョレいい男 てんてん天下のいなかっぺ

 

意味の無さでは一番二番をはるかに突き抜けておりまして、ま、そりゃいいんですが。

この「すびばせん」は後年故桂枝雀が好んで使ったフレーズでして、「すびばせんおじさん」なんてネタにもしております。

しかし師匠は戦中派のお年のはず。はたしてどっちが先だったのかなあ?

 

「ああ青春」近々弾き語りやりますからね~。ど、どうでもいいっすね・・・

 

 

 

 

 

 

風邪ひいて体調イマイチながら、昨夜は淡路町に出張りました。久々にマイコンシリエリ、コウ様飲みで。

今回のお店は東京最古の居酒屋というみますやさん。現役最古の?カヤッカーコウ様と最古の居酒屋さん。まさにサイコな夜でありました。

 

 

 

 

そして更なるメンバーは、いまだ東北に通い続ける男Y下さん、撮影絶好調!久々のおーさん。

明治創業のお店に昭和どっぷりなオヤジたちが集いまして、サイコならぬ最高な宴となったんであります。

 

 

お店の中もお品書きもまさにレトロ!江戸の昔の入れ込みを思わせる風情で、年季の入った杉板の壁を背の酒樽に腰かけた町人の姿が浮かぶような。

 

 

 

 

七時入店時点で奥行き深い店内はほぼ満席。あちこちのちょい狭めのお座敷で、膝を抱えた現代の町人たちが杯を傾けておりました。肉豆腐、肉じゃが、定番メニューが美味いっす。

 

 

瓶ビールからハイボールへと進むあたくしどもの話題もあっちへ飛びこっちへ飛び、酸いも甘いも共通のテーマに事欠かぬ大人の夜でありました。

 

 

お腹一杯飲み食いして一人4000円弱とお値段も町人文化。これからの季節特におすすめのお店でした。次回は品切れだった串カツとどぜう食べるぞ~!

 

 

 

 

今の仕事に就く前に新社会人として奉職した会社を辞めて三十年近くが経ちますが、殺菌剤の購入などいまだに細い糸でつながっております。

東京に本社があるのですがあたくし自分のおりました横浜営業所から買うことにしておりまして、以前当時の所長のお噂など聞いたところとうに定年退職されていて隔世の感の想いを新たにしたんでありました。浦島太郎じゃないけどその時分の事を知る人も既になからんと。

 

 

この度その会社からちょいとした機器を取り付けてもらうことになり昨日営業の方が見えたので、実はかくかくしかじかとお話ししたところがあたくしの存在を知っていたのでびっくり!

聞けば古~い台帳にあたくしのサインが残っているのを目にしたことがあるとかで、変わった苗字だと記憶に残っていたそうな。

五年ほど後輩であるその方としばし思い出話。その後の人事の変遷など聞くにつけ、出世コースに乗った人逸れた人それぞれに想いを致したことでございました。

 

上方の古い言葉に「書いたものが物言う」というのがあります。デジタル化ペーパーレス化の現代にあって、昔自分の書いたものが今になって役立とうとは思いもよらぬことでありました。

だってさあ、結構いい条件で貸与してくれましたのさ。ありがたいありがたい 

 

 

ではその言葉にまつわる短い噺を。

ある商家で夜な夜な便所から話声がするというので騒ぎになりその道の方に見てもらったところ、落とし紙に使っている書付が原因であると。

 

 「そりゃまた何ででっか?」

 「そりゃそうやろ、書いたものが物言うてんねん!」

 

わ・・分かりました? 

 

 

 

 

 

 

 

今日から立冬という割に暖かいですね。忘れてきた秋を取りに戻ったような?

度々書きます四コマのサザエさんのお話。ご自身大の海外旅行好きだった長谷川町子先生が初渡航を前にして描いた回で、福引で大当たりを当てたサザエさん夫婦がヨーロッパ旅行に旅立つことになりますがお土産大変なので近所に言いふらすなと釘を刺され、口をムズムズさせながら一言「あ~、赤穂浪士はさぞつらかったろうなあ」

浪士が周りに言いたかったかどうかは別として、自慢して歩きたいことをぐっと胸にしまっているのは確かに辛い事ではありますな。

あたくしもそう。って、さて何でしょう? 

 

昨日の朝から風邪っぽくて特に水っぱなが出ております。

こんなの時身体に良い食べ物はとネットで検索したらネギしゃぶしゃぶというのがありまして、大量の白髪ねぎと一緒に豚肉をしゃぶしゃぶしていただくという。

ニンニクも入るしこれやってみようってんで見てましたら、白髪ねぎを切るにあたり百均で売ってるネギカッターなる道具が役立つというので早速買ってみました。

これ。

 

 

要するに幅狭く並んだ刃がネギの縦割きを担当。後は横に切ってやるだけで楽々白髪ねぎができるってんでね。やってみました。

 

 

多少のコツはいりますが、幅揃えるのが難しいところを技も要らずきれいに出来なかなかの優れもの!

ただ気になったのはネットにアップされてる動画はガシガシ刃を当てて白髪ねぎというより乱切りになっちゃってるのがほとんどな事でして、本来の形を知らないのではないかというとこ?ま、いいんですが。

 

ネギ三本使って切りまして芯の部分は先にお鍋の中に。

 

 

昆布だしとニンニクを水から入れて自己流アレンジで生姜も入れまして、さて開始!

 

 

 

 

ネギの歯ごたえがあるうちにニッコー豚をしゃぶしゃぶ、巻いていただきますと・・・

 

美味~い!

 

生ねぎの辛味がお湯で緩和されニンニクもいい感じにホコホコです。これは風邪に効きそう。

 

そういうわけで、気に入ると飽きるまで続けてしまうあたくしの性癖に火が着きそうでヤバイです。当分白髪ねぎが続きそう・・・ ( ;∀;)

 

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ お肉料理へ

しつこいようですが三連休など関係なく金土曜はお仕事でありました。

んが

土曜日は午前中で仕事上がりまして古都鎌倉に行ってまいりました。一年ぶりとなる古民家スタジオイシワタリさんでの羊イベントに出店している、我が盟友さとうみファームをお訪ねするため。

世の中三連休という事であちこち大変に混んだそうですが、中日も後半なのでスイスイと七曲経由で鎌倉入り。

新社会人として初の赴任地であったこの辺りはあたくしの第二の青春の地、懐かしかったなあ。かねちゃ~ん、来たよん!

 

 

 

 

蒸し牡蠣いただきつつクラフト工房でお茶々の帽子作ったり、知り合いの方からご注文いただいたニット帽仕入れたりと小一時間ほど楽しみました。四時過ぎて撤収するさとうみの面々にお別れし湘南海岸に出ますと、どんぴしゃりのタイミングで夕日が落ちるところでありました。やっぱり持ってるね僕等!等ってなにさ? 

 

 

 

ナビの指す道が裏ばかりで悪名高い地方ナンバーの渋滞招きっぽくなってしまったもののそこはシーズンオフ、対向車が無かったのでなんとか抜けて今宵わらじを脱ぐ藤沢の街にたどり着きました。

 

朝まで思ってもみなかった藤沢飲み。嗅覚のままに入ったお店は今回も当たり!美味しゅうございました。

 

 

 

 

 

 

満月の夜が明けますと秋晴れ。やっと週末天気が良くなり、日向では汗ばむ陽気の中鎌倉散策いたしました。

 

 

 

 

 

 

銭洗い弁天から源氏山を越えて化粧坂切り通し、北鎌倉円応寺、鶴岡八幡宮を経巡り佐助までぐるっと一巡。

 

 

 

 

 

 

トランプ大統領来日で交通規制が心配された首都高も難なくクリア。三時過ぎには帰ってまいりました。

一日半とは思えぬ充実のツアーはこうして無事終了したんであります。今回も大変結構でした!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ お肉料理へ

どうも世の中変なんであります。

まだ真っ暗な通勤時、今朝もまた赤信号無視の車が二台いまして。しかも以前から書いてるような変わり端とかギリで突っ込むとかですらなく、真っ赤な交差点をノーブレーキで平然と横断しておりました。

なんでしょう、最近段々と確信犯的というか悪びれた様子もなくなってきているのがどうにも気持ち悪いんであります。

 

今回の事件もあまりに常軌を逸していてどう考えたらいいのか呆然とするようです。

読み物としては この手の話は好きでその昔は「FBI心理捜査官」とかつい最近では「サイコパス」とか読みましたが、猟奇的連続殺人犯というのは実は普通の人間よりも慎重で奸知に長けており、犯行を繰り返す際にはかなり慎重に被害者なり場所なりを選ぶそうです。

まだ分からないことだらけですが、今回の事件じゃ証拠隠滅するようでいながら言ってみればやりっぱなしで必要以上に隠そうとする意図が感じられないようです。

まるで赤信号無視して事故起こしてもその時はその時みたいな?

 

以前現代人のこらえ性の無さは食べたくなったら夜中であろうと巻き寿司が食えるコンビニ生活に一因ありってなことを書きましたが、今や獲物を物色して歩きまわる手順すら踏まなくともネットを使えば自宅に届くAmazon生活なんでしょうかね。

 

些末な事象から全体を語るのは危険だと思いつつも、やっぱりどうも世の中変なんであります。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ お肉料理へ

 

みなさんは代小説お読みになりますか?時代小説といえばこの方といえるほどの巨匠、池波正太郎作品の中でも特に人気のある「鬼平犯科帳」。ドラマや映画、漫画にまでなってますね、あたくしも全巻読んだ大ファンの一人です。

 

あの作品ストーリーの面白さはもちろんですが、もう一つの楽しみが劇中の食事場面ですね。食通で知られた池波氏らしく読んでいるだけでお腹が鳴ってしまうようなシズル感がありまして。

中でも平蔵行きつけのシャモ屋、五鉄のシャモ鍋といえば両方の意味でファン垂涎の的なんであります。

食べてみたいですよね、あれ。でもシャモのお肉なんてなかなか手に入りません。

 

そこであたくしまたも腕によりをかけて薩摩シャモ一羽丸々捌いてしまいました!これは本物の地鶏です。

 

 

お買い求めやすいように半丸ずつに分けたので、モモ、ムネ、ササミ(筋取り)手羽元、手羽先それぞれ一つずつ。更にガラまで半分に割りました。だからスープから全部がシャモ!まさに江戸の昔、鬼の平蔵の世界です。

 

 

食べ方まで原作にこだわる方はネット検索するといろいろ出ているのでやってみてくださいね (*_*;

あたくしの場合簡単が一番なので、お鍋六分目に張った水にガラ、手羽先、手羽元を入れ煮立てないように30分ほど煮て、ガラだけ取り出したらめんつゆを入れて好みの濃さにし、一口大に切った肉とお好みの野菜を入れて五分ほど煮れば出来上がり。

お肉は入れる前に熱湯をかけておくと臭みが飛んでいいと思います。ちなみに鬼平流はネギとゴボウだけのシンプルさで、シャモ出汁でゴボウを食べる感じだそうです。

 

 

にほんブログ村 料理ブログ お肉料理へ

秋のないまま冬に入った感じですが食欲だけは秋、最近料理がやたら楽しいんであります。午後になると今日は何作ろうかなんてんで。

昨夜は前回の鴨鍋で残った白菜があるのと直売用に切った牛モツのハンパがあったので家庭では初となる牛モツ鍋にすることにして、ニラと豆腐ともやしを買って帰りまして。

 

うちの牛モツはご近所のH商店さん特製で、ハチノス、ギャラ、テッチャン(小腸)の三種混合が下煮されているので手間いらずなんですがあくまで下煮なのでそのままでは硬く、好みの硬さというか柔らかさまでどのくらい煮るかがポイントになります。

よく「この煮込みトロけそう~!」なんて言いますけど牛モツの場合は適度な歯ごたえも大切。とはいえ時間が無いので今回は青ネギ、ニンニクとともに圧力鍋でピンが立つ前に圧をかけ、15分ほどで火を消しました。

さてどうかな?

一個食べたら気持ち硬め。野菜と煮てちょうどいいくらいでした。よしよし。

 

 

 

三陸昆布と以前大山どり手羽先で取った冷凍鶏出汁でめんつゆを二倍に伸ばしたスープに、白菜、もやし、ニラ、豆腐そしてモツを投入して土鍋で五分ほど煮れば出来上がり。鷹の爪で辛みを足し、小皿に取ってから白ゴマとローストガーリックをかけていただきます。

 

美味~い!( *´艸`)

 

 

 

一杯目はソッコー無くなり二打席目。そしてアクをすくって〆は中華麺。た、たまりません!

 

 

今回も結構でした!

ただ最近困るのは、自分でうまく出来過ぎちゃうと外食でその料理食べる気が無くなっちゃうことなんですよね・・・。

 

 

にほんブログ村 料理ブログ お肉料理へ

土曜日は直売会ありがとうございました!

週末のたび雨の降る悪循環から抜け出せない日本列島であります。

 

あたくし久しぶりに土曜日帰宅いたしまして、坊主と飯でも食いに行こうと思ったらフラれてしまいそれじゃあ地元でジン活しようってんでちょい出いたしました。

ジン活とは個人店活力注入活動と勝手に名付けたもので、毎回とはいかなくともチェーン店で安くあげるのではなく個人経営のお店で手を掛けたものには相応の対価をお支払いし、生産する人得る人料理する人食べる人全部が幸せの輪で繋がろうという。個人店の繁栄なくして世の繁栄も無し!

 

という訳で傘さして向かったのは徒歩五分の日本料理くりはらさん。日本酒通のマスターが厳選した全国の銘酒の飲み比べができるお店です。

 

 

 

今回は酒肴お任せコースをチョイス。気の利いた肴で美味しいお酒の飲める幸せを味わいました。

 

 

 

 

 

 

 

実に気持ちよく酔いました。たまには一人飲みもいいものですね。たまにはってなにさ? 

帰宅後もそのまま飲み続けまして、翌日はお昼近くまで寝てしまいました 

 

これまた珍しく在宅の日曜日は冬支度に当て、リビングを大掃除してホットカーペットを敷きました。

 

 

新しいスリッパはお茶々と同じチャトラ

 

 

早速グダグダ。猫とホットカーペットは仲良しです

 

一日中夕方のような暗さで時計見ないと何時だか分からないようでしたね。

すっかり片付いたら本当の夕方になってまして、慣れない掃除してくたびれたのでジン活パート2、徒歩五分のラーメン屋さんへ。

 

 

 

こうして何てことない週末が平和に暮れたんであります。たまにはこんなのも悪くないっすね。

 

 

にほんブログ村 料理ブログ お肉料理へ

午後から雨の予報の中今日は十月直売会でした。お出かけにはイマイチな天気で条件的にはグッド、期待半分不安半分のスタート時にはそれなりにお客さんも集まってくださいまして。

 

 

 

けどまた十時半にはいつもの閑古鳥?いや、今日は少しずつですが流れは途切れない、ブーム再燃か?・・・とまで甘くなかったけどここ二か月は確実に上回る感触。の中でも写真撮るくらいのゆとりもあり。

 

 

 

 

途中少しだけパラったきましたがさほどの事も無く、片付けに入ってから本降りに。セ~フ!!

 

冬のシーズン始まりを告げるスープ試食も好評で、久しぶりにやった感ありの直売会となりました。

みなさ~ん、ありがとうございました!これからも日光畜産直売会をよろしくお願いします!

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ お肉料理へ

その昔「ねるとん紅鯨団」というテレビ番組がありまして、それ以前にもいろいろあった素人のカップリング企画の中でもダントツに爆発的人気が長く続いたもので、バブル前夜の浮ついた時代背景と司会のとんねるずの仕切りの面白さがマッチしていたものと思われます。

告白タイムで男性が女性に向かって花を差し出し「お願いします!」と叫ぶスタイルは今でも集団見合い的番組の中に見られるもので、大本命と思われた組み合わせがコケたりするドラマが第一の見どころとなっておりました。

 

あれね。昨日行われたドラフト会議なんかも言ってみりゃこれですわな。

ただパ・リーグ人気の高まりとともに「ごめんなさい!」が激減しまして、その意味では面白くなくなりました。

ではそのあたりを踏まえて一昔前だったらこうであろうという清宮指名をねるとん風にやってみたいと思います。

 

 日ハム「清宮君!最初からあなたに決めてました!僕と一緒に野球やって下さい!」

 清宮 「・・・ごめんなさい!」

 司会「おお~っとこれは!大・どん・でん・返しっ!」 日ハム夕日に向かって走り去る

 

 司会「どうしたのよ~?」

 清宮「う~ん、いい人そうだったんですけど他にいいなと思った人(多分、巨人)がいて・・・」

 

こんな感じ?時代は変わりました。

むろんそれぞれに好きな球団はあるんでしょうが野球をやることが第一義で、ブランドにはさほどとらわれないという今の若者の気質なんでしょうね。またその先に当時は夢にも思えなかったメジャーリーグが見えるということもあるのかもしれません。

現在のスポーツ界における日本人選手の世界的隆盛は、このあたりにも理由のひとつがあるような気がしております。

 

いつも古い話でぐみんなたい 

 

 

 

ネットショップを覗いていただいてる方は、というかこの日記読んでいただいている時点でそうなんですが、恐らくお思いかもしれません。ボンビーガールあれっぽっちしか映らなかったのにやたら大袈裟に放送記念セールとか打ってると。

あれはですよ。

これまでの経験上放送後の反応がすごいという思惑で、予めホームページの制作会社と打ち合わせて事前に用意したものなんです。まさかここまでスカ食らうとはね~ ( ;∀;)

 

このように大袈裟な仕込みに対して大山鳴動して鼠一匹的なオチというのは実に締まらないものですが、反対に例えば紙切れ一枚が後に大変な価値を持ってしまうような話は誰もが好きでワクワクしますよね。

ジョンレノンが喫茶店の紙ナプキンに書いた落書きにべらぼうな金額がついたオークションなど有名で、つい一昨日ではアインシュタインが滞在先のホテルで届け物を持ってきた日本人の配達員に渡したというチップ代わりの書付が一億八千万で落札されたそうです。

これって冬物のコート久しぶり出したらポケットに買ったの忘れてた宝くじが入ってて、締め切り前日だったと見てみたら50億円当たってたみたいな棚ボタ感もさることながら、居酒屋のおやじが一文無しの汚なじじいが飲み代替わりに描いてよこしたスケッチ持って画商に行ったら実は著名なる日本画の大家だったみたいな水戸黄門的面白さもありますな。

 

ところでこの「著名な」に関しまして、昨日あたくしのブログにいただいたある方のコメント読んで思うところがありまして。

なんでしょう?「著名な」に比較して「有名な」と言った時に感じる格落ちな感じって。

先ほどの画家で例えますと「著名な」画家の場合文句なく絵そのもの大家ですが、「有名な」画家の場合は四割くらいワイドショーっぽい響きが入ってしいます。

例えば離婚再婚三度繰り返した女たらしというだけで絵は下手糞でも有名には違いないわけで、「うちの兄ちゃん地元じゃ有名な不良だったんだよ」とは言っても「著名な不良だったんだよ」とは言いませんもんね。

やはり「著名」とは著しい何事かがあってこそ得られる名声ってことでしょうね。

 

ただね。著名も重なるというと一気に名声からお下劣な世界に堕ちてしまうのです。

 

チョメチョメってね。

 

山城新伍かっ! ( ;∀;)

 

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ お肉料理へ

にほんブログ村

「幸せボンビーガール」という日本テレビさんの番組をご存知ですか?昨夜ご覧になった方、日光畜産直売所が一瞬映ったの分かりましたか?名前も出ずほんとにちょこっとだけで、実はどんな風に取り上げられるか楽しみに見ていたので思わずのけぞってしまいました。

もちろん事前に取材は受けておりましたがこれまでのように大騒ぎすると、それでなくても混雑嫌ったお客さんの足が遠のいている直売会が更に落ち込むのではと思いほとんど外部には漏らしておりませんでした。

あれ、騒いでたら相当みっともないことになるところでした。よかった~ 

 

でね。それとは別に選挙やらなんやらに話題取られてまだ放送されない収録が残っておりまして、その手の話は情報番組ではよくある事らしいとはいえ夏場の取材で季節感まるで無し?どうすんでしょうか。

 

でまたこれに関して更にビックリするような話が。

ブログにちょいと書きましたように、この前の土曜日の晩気仙沼でお寿司食べておりましたらテレビの取材させてもらってもいいかと声かけられまして。

こう言っちゃなんですけど最近すっかりテレビづいて取材ズレしてしまったあたくし、快くお受けして実は東京から毎月のように東北に通っており今この場所でこんなことを感じていますなんてんで。

で、撮影後番組名聞いてまあ驚いたのなんの!前述の直売会取材に来たまたも日テレさんの「ニュースエブリ」だってんですもの~!

「えっ、こないだもうちの会社に取材に来ましたよ!」

「えっ、ほんとですか、ディレクター誰でした?」

 

この放送は今夜なんでして、そこで考えたのは重ならなくても毎日見てる人なら「あれ?このおやじこの前も映ってなかった?仕込みか?」とか思われるんじゃないかという。

そうしましたら案の定といいますか昨夜日テレさんから電話あって、確かに別部署で直売会を放送予定中であり、今回の事は嘘偽りなく偶然ではあるけれど視聴者が見てあたくしが考えてるような誤解があってもいけないので申し訳ないが才谷屋さんへのインタビューはカットさせてくださいと。

そりゃそうよね。ちょっとだけ残念だけど・・・。

 

しかし震災後東北に行くようになってから数多くのラッキーな偶然が重なりここまで来ましたが(どこまでだ?)、今回またしてもご縁がご縁を呼ぶその求心力どいうか吸引力にさらにさらに驚かされたんであります。

 

東北パワー恐るべしい~ 

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ お肉料理へ

台風去った割にすっきりしないお天気です。なんとなく感じたことをとりとめもなく・・・

ほっとくと存在がだんだん大きくなりそうな相手のまだ準備が整わないうちに奇襲を仕掛けたつもりが、即断即決に形を作られて一時は誤ったかに見えたもののその相手があまりに高飛車だったため衆望を一気に失った結果として逆に勢いを得て勝ち、一方でタカビーに捨てられた人間を拾って男気を見せたら意外と人気が出ちゃった。反対にうまく立ち回ったかに見えた人たちは一夜にして寄る辺なき身となり果てた。

そんな選挙でした。

たった一言がこれほど人の気を動かすのを目の当たりにする機会も、人生においてそうは多く無かろうという。

 

 排除した はずが敗者と なっており

 

 

 

 

商談で出た昨夜の帰り道、あるポスターに思わず立ち止まってしまいました。

 

 

満島ひかりさんですかねこれ?

超高解像度の映像が容赦なく素のままを映し出す一方で写真の素人てすらどうにでも修正掛けられる昨今、逆にしわの一本までリアルに見せております。アンチテーゼってやつ?なかなか新鮮です。

ま、いずれにしても元がいいから出来るっちゃそうなんでしょうけどね。

 

にほんブログ村 料理ブログ お肉料理へ

会社早引けして申し訳ありません、週末はまた東北にお邪魔いたしました。今年最後の南三陸子どもカヤッククラブのサポートで。

 

んが

 

台風の影響による悪天候で海は大荒れ、クラブは延期となりあたくしは単なる物見遊山の観光客としていつものコースをぐるり回ってまいりました。

金曜日午後から出まして雨の中さとうみファーム牧場へ。すっかり居ついてしまったノラにゃん親子とぶさねこと、松島のミーティングのため不在だったかねちゃんの留守を守りまして。

 

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=TZVB2ICA1k4 

 

 

翌朝ウール工房で毛糸買いました。ママへのお土産ね。

 

https://www.youtube.com/watch?v=fFZ4xxx6YrU

 

 

 

 

 

 

岩井崎に寄り道しながら陸前高田を目指しました。すごい波!

ちょうど英語音読会の日でして、スタッフの方も一緒にママと。

 

 

 

細根沢仮設住宅でみつえさんと。

 

気仙沼に戻る途中かさ上げ地区にできたアバッセ陸前高田に寄ってみました。真新しい高台に商業施設や公共機関が並びここから新たな高田が始まる予感の一方で、既に他所に越していく人たちが街が完成した時はたしてこの地に残っているのかは未知数だなあと思いました。

どうしようもないんでしょうが時間かかり過ぎですよね。

 

今回のお泊りは気仙沼。ようやく雨も上がってしっとりと落ち着いた風景でした。

 

 

いつもの倉本さんでお酒仕入れました。お母さんお久しぶり。

 

そしてツアーの目玉は朝日寿司さんでのお食事!サモアの花火の時山下さんとちょい食べした味が忘れられず、腰を入れていただきました。も~最高!

 

 

 

 

 

前回たすくさんでお昼いただいた時のも思いましたが街に人がいない!いくら台風接近中とはいえ話に聞くかつての港町の夜はどこにいったんでしょうか?

復興商店街のあった頃の賑わいが終わって日常生活の戻ったこれからが肝心です、あたくしごときが聞いた風な口きいて誠に申し訳ありません。けどみなさん!東北行きましょう!

 

 

美味しい一夜が明けまして、お魚市場で海の幸をたんまり仕入れて再び牧場へ。

ブログ読んだ方からご注文いただいたニット帽を仕入れました。笠ちゃん、ありがとうございます!

 

 

ってなわけで二泊三日今年最後の東北ツアー、無事終了となりました。今年は三月に下の坊主と行ったのを皮切りに思わず毎月通ってしまいました。

何度行っても楽しくて美味しい東北!あ、そうだ、年末年始も来るんだった ( *´艸`)

 

 

にほんブログ村 料理ブログ お肉料理へ

本日からまた毎度の東北に行ってまいります。多分今年最後?けど天気がね~ 

 

最近金曜日会社ほっぽり出して出発してしまうパターンが常態化しておりまして、特に一人で行く場合心身ともに楽なのですが前回など留守を守ってくれるスタッフへのお土産買い忘れるほどに、一度タガが外れてしまうと罪悪感?が薄らいでおりまして。いけないいけない。

 

さて。今回は以前ご紹介したさとうみファームの100%手作り羊毛製品の買い付けを兼ねております。ご希望の方はメールなどであたくしにお申し付けくださいね、運びます!

一例、帽子です

 

 

上段が6000円下段が5000円(税別)です。

 

あたくしにご注文頂ければ特別価格、上が一万下が九千円にしときますからね。

 

だから嘘だってば! 

 

あと手袋とかもあります。現地からご紹介しますので、ご希望ありましたらよろしくお願いします。

 

むさっ苦しい二人でぐみんなたい・・・